創業者  代表取締役会長 兼 社長  宇陀 栄次 ご挨拶

euda

2004年に起業した当時、クラウドと言う言葉も無く、セールスフォース・ドットコムもGoogleも上場前でiPhoneやiPadも存在しない時でした。その当時、近い将来、ブロードバンド経由で企業向けITサービスが広がると考えました。多くの企業が自社の既存システムと今日のクラウドサービスを共存させて利用する時代が到来する。その時に必要な機能として、企業内ポータルが必要になると考え、Unified Serviceと言う社名で基盤を開発して来ました。
そのポータル事業は、昨今では中小企業約2万社でご利用いただいております。また、大手企業での数万名分での利用事例でも安定稼働しております。

昨年より、電力、公共、ポータル、ヘルスケアの4事業を会社の柱として拡大を開始し、電力CISは電力自由化の波をうまく捉え、一つの大きな事業領域にまで成長しました。

世の中ではクラウドは当たり前のものとなり、次世代の技術としてIoT、AI、音声認識等が注目されてきており、部分的には実用化されています。
95年以前が企業の問題解決をする為の技術とすると、Social Technologyは社会的な問題解決をする為の技術とも考えます。当社は、この考え方を基本に、新しい技術を実用化し、社会的課題の解決に挑戦して行きます。
また、多くの中小IT企業と一緒に、新しいビジネスを創出して行きたいとも考えています。中核となる技術者の採用も進めていきますので、社会的課題をITで解決するというビジョンに共感できるSEの方の積極的な応募をお願いします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ユニファイド・サービス株式会社
創業者 代表取締役会長 兼 社長 宇陀 栄次
略歴 »

代表取締役副社長  成瀬 修 ご挨拶

euda

当社は、「ばらばらに存在するITサービスを、ひとつのまとまったものにして、ユーザの業績拡大に貢献する」というコンセプトで起業し、ユニファイド・サービスという社名としました。 いまや、多くのクラウド・インテグレータが存在するようになりましたが、当社はその先駆けともいえる存在です。
法人向けクラウドサービスの世界は、グローバルNo.1のセールスフォースをはじめ、様々なサービスが急速に拡大し、個々の業務におけるユーザの生産性は向上しています。しかし、同時にユーザ側にも多くの課題が広がっております。
例えば、既存のシステムとの連携をどのようにすべきか、既存のシステムとの統合認証をどのようにすべきか、どのような組み合わせで、どのように簡単に利用できるか。また、スマートデバイスでの活用ができるのか、という複雑な問題解決が求められています。
当社では、このような問題解決に対応すべく、法人向けポータル、統合認証、アクセス権限管理、スマートデバイス連携などの仕組みを通じて、クラウドへのアクセスはもちろんのこと、クラウド間、クラウドと既存システム間を繋ぐ仕組みをご提供しております。
さらに今後は、コンプライアンスの観点から、法人内個人にフォーカスしたサービス管理、アクティビティログ管理が必須となりますので、法人向けポータルによるパーソナライズ機能や社内ソーシャル機能の提供が本格的に必要になります。
当社では、これらのサービス提供が準備できておりますし、さらに半歩進んだITサービスのご提供を行ってまいります。
本格的なクラウド活用時期にきたこの時代に、他社差別化をはかる経営ツールとして、ぜひとも、クラウド連携技術を、御社の業績拡大にお役立てください。

ユニファイド・サービス株式会社
代表取締役副社長 成瀬 修
略歴 »