創業者  代表取締役会長  宇陀 栄次 ご挨拶

euda

2004年に起業した当時、クラウドと言う言葉も無く、セールスフォース・ドットコムもGoogleも上場前でiPhoneやiPadも存在しない時でした。その当時、近い将来、ブロードバンド経由で企業向けITサービスが広がると考えました。多くの企業が自社の既存システムと今日のクラウドサービスを共存させて利用する時代が到来する。その時に必要な機能として、企業内ポータルが必要になると考え、Unified Serviceと言う社名で基盤を開発して来ました。
そのポータル事業は、昨今では中小企業約2万社でご利用いただいております。また、大手企業での数万名分での利用事例でも安定稼働しております。

昨年より、電力、公共、ポータル、ヘルスケアの4事業を会社の柱として拡大を開始し、電力CISは電力自由化の波をうまく捉え、一つの大きな事業領域にまで成長しました。

世の中ではクラウドは当たり前のものとなり、次世代の技術としてIoT、AI、音声認識等が注目されてきており、部分的には実用化されています。
95年以前が企業の問題解決をする為の技術とすると、Social Technologyは社会的な問題解決をする為の技術とも考えます。当社は、この考え方を基本に、新しい技術を実用化し、社会的課題の解決に挑戦して行きます。
また、多くの中小IT企業と一緒に、新しいビジネスを創出して行きたいとも考えています。中核となる技術者の採用も進めていきますので、社会的課題をITで解決するというビジョンに共感できるSEの方の積極的な応募をお願いします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ユニファイド・サービス株式会社
創業者 代表取締役会長 宇陀 栄次
略歴 »

代表取締役社長  廣野 充俊 ご挨拶

euda

新たなる未来を
  共に創造していくパートナーを目指して

これからの10年、世界は大きく変わろうとしています。
温暖化、高齢化、食糧危機などの社会問題に対処するために、新たなる東西圏の枠組みを見据えたマーケットの創造や新たなるビジネス構築、働き方改革のためのダイバーシティへの対応が求められています。

とくに日本では、2020年以降のレガシー対応が急務ですが、社会の変化やお客様対応のための自社構築のシステム変更や再構築、お客様向けのサービス提供が追い付かず、ビジネスチャンスを失うことが予測されています。

当社は、そのような劇的な世の中の変化に対応するために、エネルギー、公共、ヘルスケアなどのインダストリー別のクラウド・サービスを2004年の設立当初より立ち上げ、数多くのお客様にご活用いただいてまいりました。

今後とも、これまでの常識にとらわれず、スポーツイベントなどの新分野にも新たなるクラウド・サービスの提供を積極的に展開していきたいと考えております。

皆様方のより良いパートナーとして、皆様方とともに新たなる未来を切り開いてまいります。

ユニファイド・サービス株式会社
代表取締役社長 廣野 充俊